• ホーム
  • おりものの状態に注意!性病にかかったら現れる変化とはどんなもの?

おりものの状態に注意!性病にかかったら現れる変化とはどんなもの?

女性の膣や生殖器官は痛みを伝える神経が少ないので、性病に感染して発症しても痛みなどの自覚症状が出にくいという性質があります。女性患者は自覚症状が出にくいので、病気の初期症状に気づくことができずに治療が遅れて重症化させてしまうケースも珍しくありません。病気に気づかずに放置し続けると不妊症になったり、他の人に病原体をうつしてしまう危険性があります。

女性が性病を早期発見するために、おりものの状態や量に注意をする方法があります。性感染症にかかるとおりものの量が増えたり、色・性状の変化が現れる場合が多いからです。性器クラミジア感染症・淋菌感染症・カンジタ膣炎・トリコモナス膣炎などの病気になると普段とは違ったおりものが出るので、セルフチェックができます。

性器クラミジア感染症や淋菌感染症になると、粘性が高くて臭いの強いおりものが排出されます。色は黄色~白色で、粘性があります。これらの病気になると、下腹部に軽い痛みを感じるケースが多いようです。

トリコモナス膣炎の場合は、黄色~乳白色で粘性の低い泡状のおりものが大量に出ます。普段と比べて臭いが強いが強く、アミン臭(魚が腐ったような臭い)が特徴です。
カンジタ膣炎が発症すると、乳白~黄色で粘性が強くなります。液体というよりも固形に近く、ヨーグルトまたはチーズ状であるという特徴があります。カンジタ膣炎になると膣・外陰部が腫れて、強い痒みや灼熱感を感じます。

体の免疫力が弱くなると、膣に雑菌が繁殖して細菌性膣炎を発症する場合があります。細菌性膣炎を発症すると、乳白~黄色で粘性が高くて普段よりも悪臭が強いおりものが出るようになります。このような変化が見られたら、腫れや痛み・痒みなどの自覚症状が出なくても内部で炎症を起こしている可能性があります。

性感染症ではありませんが、子宮がんを発症したり性器や生殖器にポリープができると普段とは違うおりものが出ることがあります。子宮がんになると出血を起こすので、茶褐色または血性で臭いの強いおりものが出るようになります。

女性は男性と比べて性感染症の症状が発症しても、排尿痛や腫れ・痒み・違和感などの自覚症状が出にくい場合が少なくありません。性器や生殖器の病気になると普段とは違うおりものが排出されるようになるので、病気の初期症状を見つけることができます。性病を早く見つけるために、普段から体の変化に注意を払うことが大切です。

関連記事
早期発見に役立てよう!性病の検査方法にはどのようなものがある? 2020年04月17日

風邪やインフルエンザであれば、発症すると発熱やのどの痛みなどの症状が出るのですぐに病気に気づきます。これに対して性病(性感染症)の多くは初期症状が出にくいので、発見が遅れてしまう場合が少なくありません。病原体の中には感染しても長期間にわたり無症状の潜伏期間が続くものがあり、この間に他の人に病気をうつ...

ジスロマックを手に入れたい!その購入方法について紹介します! 2019年12月29日

初期の性器クラミジアであれば、ジスロマック錠を1回だけ飲むだけで高い確率で病気を完治させることができます。飲み薬を飲むだけで治療ができるので、普段の生活に支障が出ることがありません。これはクラミジアの治療に効果的で副作用が少ない治療薬ですが、医療用医薬品に指定されているので一般向けには販売されていま...

クラミジアは放置しないで!悪化すると妊娠しにくい身体になることも! 2020年02月17日

性器クラミジアは日本で一番感染者・患者数の多い性感染症で、2018年の1年間で2万4千件以上が報告されています。10代後半から20代の性的に活発な日との間でクラミジア感染者が増加しており、身近に存在する伝染病のひとつです。性器クラミジアは男性と女性の両方で発症しますが、いずれも初期症状の段階で強い痛...

喉に感染してしまうことも?クラミジアには様々な感染経路があります 2020年03月03日

クラミジアと聞くと、病原菌が性器や泌尿器に感染して尿道炎や膣炎を発症する病気というイメージを持つ人は少なくありません。たしかに性器や泌尿器に感染して発病するケースが一番多いですが、病原菌は体の他の部分の粘膜に感染して発症することが知られています。性器以外の場所でクラミジアの病原菌が感染することが多い...

アジーはジスロマックのジェネリック薬!使用前に併用禁忌事項を確認しておこう 2020年01月28日

アジーはジスロマックと同じように服用することができる薬なので、薬の飲み方のほかに副作用・注意点についても先発薬と同等です。一般的に抗菌薬は特定の食品・医薬品と一緒に摂取すると薬の治療効果を弱めてしまう場合があり、治療に失敗する原因のひとつです。治療に失敗すると、病気が再発したり副作用が強い別の抗菌薬...