• ホーム
  • 喉に感染してしまうことも?クラミジアには様々な感染経路があります

喉に感染してしまうことも?クラミジアには様々な感染経路があります

クラミジアと聞くと、病原菌が性器や泌尿器に感染して尿道炎や膣炎を発症する病気というイメージを持つ人は少なくありません。たしかに性器や泌尿器に感染して発病するケースが一番多いですが、病原菌は体の他の部分の粘膜に感染して発症することが知られています。

性器以外の場所でクラミジアの病原菌が感染することが多いのは、咽頭部(のど)の粘膜です。口や鼻から肺に至るまでの間の気道の内側は粘膜に覆われていますが、この部分の細胞にも病原菌が感染して増殖をする場合があります。実際に病原菌が性器から喉(のど)の粘膜に伝染するケースがあり、オーラルセックスをすると男性の性器から女性の喉の粘膜に病原菌が感染を起こします。喉の粘膜に感染した病原菌が性器に伝染することもあり、オーラルセックスもクラミジアの感染経路のひとつです。

クラミジア菌は喉の粘膜以外にも、直腸の粘膜にも感染をするケースがあります。コンドームを着用しないでアナルセックスをすると性器と直腸の粘膜が接触するので、病原体が伝播します。当然のことですが、逆の方向(直腸から性器)でも感染が起こる危険性があります。

日本では性風俗店のサービスとして、妊娠する可能性のないオーラルセックスやアナルセックスがおこなわれることが少なくありません。個人間でも、避妊の必要のないオーラルセックスをする人がたくさんいます。クラミジアや淋菌は性器以外に喉や直腸の粘膜にも感染して増殖を起こすので、さまざまな感染経路の組合わせが考えられます。クラミジアの病原菌は射精をしなくても粘膜の細胞同士が接触するだけで簡単に感染してしまうので、たった1回の性行為でも病気がうつる危険性があります。妊娠の可能性がないオーラルセックスやアナルセックスでも病原菌がうつる危険性があるので、感染を予防するための対策を講じることが大切です。

クラミジアの病原菌は喉や直腸の粘膜に感染して増殖をすることが可能ですが、性器のようにすぐに炎症を発症する訳ではありません。風邪をひいたり免疫力が弱くなった時にだけ扁桃炎などを発症するので、医師が気づきにくいこともしばしばです。クラミジア菌が喉や直腸の粘膜に感染しても自覚症状が出ずに気づかずに、知らない間に他の人にうつしてしまう恐れがあります。

クラミジア菌は宿主の細胞(人や動物の粘膜)を離れて空気中や水中に放出されると短時間で死んでしまうので、日常生活ではうつる心配がありません。性行為で性器や喉・直腸などの粘膜が直接接触すると簡単に感染してしまうので、性病の中でも感染力が強い病気であることを理解しておきましょう。

関連記事
早期発見に役立てよう!性病の検査方法にはどのようなものがある? 2020年04月17日

風邪やインフルエンザであれば、発症すると発熱やのどの痛みなどの症状が出るのですぐに病気に気づきます。これに対して性病(性感染症)の多くは初期症状が出にくいので、発見が遅れてしまう場合が少なくありません。病原体の中には感染しても長期間にわたり無症状の潜伏期間が続くものがあり、この間に他の人に病気をうつ...

ジスロマックを手に入れたい!その購入方法について紹介します! 2019年12月29日

初期の性器クラミジアであれば、ジスロマック錠を1回だけ飲むだけで高い確率で病気を完治させることができます。飲み薬を飲むだけで治療ができるので、普段の生活に支障が出ることがありません。これはクラミジアの治療に効果的で副作用が少ない治療薬ですが、医療用医薬品に指定されているので一般向けには販売されていま...

クラミジアは放置しないで!悪化すると妊娠しにくい身体になることも! 2020年02月17日

性器クラミジアは日本で一番感染者・患者数の多い性感染症で、2018年の1年間で2万4千件以上が報告されています。10代後半から20代の性的に活発な日との間でクラミジア感染者が増加しており、身近に存在する伝染病のひとつです。性器クラミジアは男性と女性の両方で発症しますが、いずれも初期症状の段階で強い痛...

おりものの状態に注意!性病にかかったら現れる変化とはどんなもの? 2020年03月18日

女性の膣や生殖器官は痛みを伝える神経が少ないので、性病に感染して発症しても痛みなどの自覚症状が出にくいという性質があります。女性患者は自覚症状が出にくいので、病気の初期症状に気づくことができずに治療が遅れて重症化させてしまうケースも珍しくありません。病気に気づかずに放置し続けると不妊症になったり、他...

アジーはジスロマックのジェネリック薬!使用前に併用禁忌事項を確認しておこう 2020年01月28日

アジーはジスロマックと同じように服用することができる薬なので、薬の飲み方のほかに副作用・注意点についても先発薬と同等です。一般的に抗菌薬は特定の食品・医薬品と一緒に摂取すると薬の治療効果を弱めてしまう場合があり、治療に失敗する原因のひとつです。治療に失敗すると、病気が再発したり副作用が強い別の抗菌薬...